> 일본학도서관 > 신착도서
 
 
untitled.png
제 목 河竹黙阿弥 : 元のもくあみとならん
분 류 신착도서
소장번호 J045535
저자명 今尾哲也
역자명
출판사 ミネルヴァ書房
출판일 2009-07-15 페이지 수 364 페이지
ISBN 9784623054916
첨부파일 첨부된 파일이 없습니다.

책소개
河竹黙阿弥(一八一六~一八九三)歌舞伎狂言作者。江戸末期から明治中期という維新をまたぐ日本の新旧転換期に活躍。過去の慣習から脱却し、新たな芝居世界を切り拓いて狂言作者から劇作家に転じようとした脚本作者の生涯を活写する。

저자소개
今尾哲也[イマオテツヤ]
1931年大連に生まれる。1960年早稲田大学大学院文学研究科博士課程満期退学。博士(文学)。元玉川大学教授、武蔵野女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

목차
序章 河竹黙阿弥とは?
第1章 狂言作者としての黙阿弥
第2章 二世河竹新七の誕生
第3章 市川小団次と河竹新七
第4章 作者と作品
第5章 「勧善懲悪」の人間観
第6章 新七と明治維新
第7章 一世一代のために
第8章 引退

 
비밀번호 입력
비밀번호를 입력하세요
 
 
비밀번호 입력
 
서평
목록이 없습니다.
목록